TEL 052-721-1500

〒461-0046 愛知県名古屋市東区前浪町7-13

砂田橋駅の安藤歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

名古屋市東区の歯科、安藤歯科クリニック。インプラント、審美歯科、ホワイトニング、入れ歯、歯周病、矯正歯科などお口のお悩みご相談ください。

入れ歯

自費料金スタッフ募集
MOBILE SITE QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

入れ歯が痛くて噛めない

入れ歯を気にして、おもいっきり笑えない…
食事がどうもおいしく感じられない…

など、違和感や不快感を感じていませんか?

入れ歯がご自身の歯に合わないと、食事はもちろんのこと、周りの方と話すことも不便かと思います。義歯(入れ歯)には、様々な種類や素材がございます。当院では患者様に前向きに過ごしていただくために患者様1人1人に合わせた義歯をご提案いたします。

部分入れ歯の種類

部分義歯(保険)

入れ歯を支えるために「クラスプ」という金属のバネを歯に引っ掛ける必要があります。

そのため見た目が悪くなってしまいますが、保険ではこのタイプの部分入れ歯しか作ることが出来ません。

金属床義歯

義歯床が金属で出来ています。
金属は強度が強いので入れ歯を薄くすることができ、保険のものより喋りやすくて違和感が少ない入れ歯を作ることが可能です。

当院の患者様の治療症例

Case.1

保険の入れ歯からノンクラスプデンチャーにされた方の症例です。

  • Before

  • After

義歯作成までの流れ

STEP.1 型どり

義歯を作成する際には型どりに十分な時間をかけ、精密な型をとります。(精密印象)

STEP.2 義歯の位置を決める

正しい噛み合せを再現するため、前後左右、上下の位置を慎重に十分に時間をかけてお決めします。(咬合採得)

STEP.3 試適

見た目が自然な義歯をつくるために、型をとり、噛み合せの位置が決定したら、次はできるだけ患者様の以前の歯に近い自然な歯を仮に並べて、口腔で試適します。

技工室で原則通りに並んだ歯をお口の中で、患者様の顔・表情を見ながら並べていきます。一度だけでなく、また日を変えて試適し、並べかえることもございます。

 

STEP.4 義歯の完成・最終調整

出来上がった真新しい義歯をいよいよ口腔で最終の調整(咬合調整)いたします。お口の中の最終調整は徹底した噛み合せの調整がメインです。義歯のトラブルの多く(特に総義歯の場合)は噛み合せにあるといってもいいくらいです。そのため、噛み合せは慎重にくり返し調整します。患者様はいろいろな位置で噛むので、「何回も噛んでは、また調整する」の繰り返しとなります。

治療室で意識的に咬合調整をしている位置と患者様がご自宅で食べる位置ではわずかですが噛む位置がずれている場合が多いのです。

年齢が比較的若い方や、顎の土台がある程度しっかりとされている方の場合は、義歯を入れて問題ない方がほとんどです。しかし、高齢で顎の土台がない、難症例の方ほど、噛む位置はなかなか一定していません。そのような方の場合は、診療室での調整を何日かおきにすることにより、患者様に最適な義歯が完成します。

義歯装着後の注意

義歯を装着された当初、食事や会話の際にぎこちなさを感じる方も少なくありません。
毎日の生活を以前のように過ごしていただくために大切なことは、日々の練習と義歯自体に慣れていただくしかありません。本当に身体の一部として義歯を使っていただくためにコツコツと少しずつ頑張りましょう!!

食事は最初はやわらかい物や、小さく切った物を奥歯でゆっくりと左右均等に噛んで下さい。
だんだんかたい物、大きい物と1つ1つ段階を経て練習を続けることが大切です。

装着後、少し話してみると初めのうちは話しにくく、自分の声でないような感じもします。
まず、発音しにくい「サシスセソ」「タチツテト」などの発声練習をしましょう。大きな声を出して、新聞や本を読むのも早く慣れるために必要です。はっきり言えるようになるまで繰り返し続けて下さい。さらに、練習中鏡の前で顔の表情を観察してみるのもいいでしょう。

Topへ